淡路島産の素材を使った淡路島バーガーが密かな人気に・・・。 淡路島バーガー


2007年06月28日

淡路島バーガーのライバル(!?)恐るべし。。。

淡路島バーガーの先輩というかライバルというか。。。の佐世保バーガー。
こんなすごいハンバーガーまで登場していました。\(@O@)/

これだけでも十分ビックリなんだけど、こんなものまでそろってます。( ̄∀ ̄;)汗

マクドナルドやモスバーガーで一時盛り上がって、そのあとフレッシュネスバーガーが少し高級路線ハンバーガーを送り出したものの、その後に続くハンバーガーは登場しないままだったのが、佐世保バーガー、そしてこの淡路島バーガーでこれからハンバーガーがブレイクするのかな?
淡路島産素材を使った淡路島バーガーに日本のハンバーガー発祥の地の佐世保バーガー。
ご当地バーガーがどんどん増えるとハンバーガーのバリエーションも広がって楽しいだろうな♪
posted by 淡路島 at 11:49 | TrackBack(0) | ハンバーガーいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

ひょうご安心ブランド認定淡路島タマネギ

淡路島バーガーからちょっと脱線だけど、淡路島のタマネギ続きでちょっと情報。(笑)
淡路島のタマネギには「ひょうご安心ブランド認定」のタマネギがあります。
ひょうご安心ブランドとは、「限りなく有機栽培に近い農法で作られた野菜で農薬使用の場合は国の残留農薬基準の1/10以下で兵庫県知事の認定を受けたタマネギ」です。
もちろん淡路島のタマネギ全てがひょうご安心ブランド認定ではありませんが、ひょうご安心ブランド認定でなくても有機肥料を使い伝統農法で大切に育てられた淡路島タマネギなのでおいしいブランドタマネギには変わりありません。

ひょうご安心ブランド認定タマネギは「養宜玉葱(ようぎたまねぎ)」です。
養宜玉葱(ようぎたまねぎ)とはリサイクルタマネギです。
腐敗したタマネギや出荷できないタマネギ、タマネギのくずなどを高温で発酵させ、堆肥舎にて二次発酵。
そのあと乾燥させて「土壌改良剤」として土壌に戻すのです。
このようにして作られたタマネギの肥料には病原菌などは含まれず、良質な肥料成分がたくさん含まれているのです。
リサイクル農法で作られた淡路島タマネギって身体にもよさそうですよね。
ちなみに淡路島の「ひょうご安心ブランド認定」の野菜は、タマネギだけじゃなく、レタス、ブロッコリー、イチゴ、お米もあるそうです。

淡路島タマネギを使った商品もいろいろ開発されていますが、その中でもこれは止められない病み付きの味です。(*^-^*)
posted by 淡路島 at 09:00 | TrackBack(0) | 淡路島バーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

淡路島バーガーの中身その2・淡路島タマネギ

淡路島と言えばタマネギ!
淡路島産のタマネギは全国的に有名ですよね。
全国第二位のタマネギの産地です。
でもタマネギ生産地の第一位は北海道なんです。それなのに淡路島のタマネギは何故ブランドなのか?
その秘密は種を撒く時期の違い。
北海道のタマネギは春に種を撒き秋に収穫をします。
淡路島のタマネギは秋に種を撒くので収穫は春になります。
瀬戸内気候の比較的温暖な場所にある淡路島ですが、寒い冬を越えて育ったタマネギなだけに独特の甘さと旨みが出ます。
それに加えて淡路島はタマネギが育つのに向いた土壌や気候という好条件が揃っています。
淡路島タマネギがブランドタマネギとして有名なのはこういう理由からなんですね。

淡路島でのタマネギ生産の始まりは明治21年に外国から輸入された黄赤紫白の玉葱種を県より配布され、賀集村(現在の三原郡南淡町)で作られたのが最初だそうです。

今年は玉葱が豊作でなんでも価格がかなりの下落傾向。
しかもサイズは例年より大きいっていうから、消費者側としては有り難いですね♪
食べたことある人はわかると思いますが、淡路島のタマネギはとにかく美味しいです。
タマネギはハンバーガーの必需品。
淡路島バーガーにたっぷり入ってるタマネギにプラスしてオニオンリングでも淡路島タマネギの美味しさを楽しめます。

淡路島タマネギの味を一言で言うと、春先にスーパーで売られている新タマネギをもっと甘く味を濃くした感じかな。
サラダにもぴったりです。


タマネギ嫌いなお子ちゃま(大人でも嫌いな人いるよね(^_^;))にはこれ。

posted by 淡路島 at 08:24 | TrackBack(0) | 淡路島バーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。